きものの雑学

帯は感情を表現する

帯は感情を表現する

 帯は「後ろの顔」ともいわれ、着物コーディネートには欠かせないアイテムです。「むしろを着ていても帯は錦」といわれるほど、帯の合わせ方次第で着物姿が変わります。そのため、嬉しさや悲しさなど感情を表現することもあります。
 これほど重要な役割を持っている帯ですが、帯にまつわる言葉は案外少ないのです。代表的なことわざとしては「帯に短し、たすきに長し」があります。これは、着物の帯に使うには短くて長さがたりない、一方でたすきに使うには長すぎるというどっちつかずの状態を表しています。よって、物事が中途半端で何も役に立たないものやその状態のことを意味します。